スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
●つるつるつるっと♪
沖縄市高原にある米八そば




友達からすごいかき氷があるよ!
って聞いてたんだけど、すっかり忘れてて
なんとなく注文してみたら、出てきた!!!

ああ!これだ!!って。




びっくり!
すごい!




そばですが
おつゆをいってきも残さず食べたんで
お店のかたに喜ばれました^^


カテゴリ:ま〜さんど〜 | 06:00 | comments(0) | - | -
●新年の喜びに感謝





みなさま
新年明けましておめでとうございます。

拙いブログですが
今年もよろしくおねがいします。



画像は昨年の夏頃の写メです。
妹と甥っ子です。
この当時は4ヶ月くらいですかね
妹のお腹の中に赤ちゃんがいます。

そして来月には生まれる予定です。

新しい命の誕生を待ちわびて
毎日幸せな日々を送っております。

今年も1日1日、前向きに幸せに過ごしていけたらと
そう思っています。


平成27年度もみなさまにとって良い年でありますように。
健康で元気いっぱい、笑っていきましょう\(^▽^)/



カテゴリ:☆ラヴリーハート☆ | 22:40 | comments(0) | - | -
●出発

父の四十九日、無事おえた。

今日から8月。

自分自身はあらたな出発をする決心をした。



父が亡くなって感じたことがいっぱいある。


私が自由にいろんなことができたのも
父がそうさせてくれたんだな、って。


父ちゃん、いろいろ口かなったりしてごめんね。
私のことおもってくれてありがとうね。


これからの人生、次の仕事が最後の仕事になるとおもうけど
みんなに感謝して、精一杯働いて、
父ちゃんに教えてもらったことを、母に返ししていくからね。

父ちゃんが自分の命をかけて教えてくれたね。

父ちゃんはほんとうに偉大だよ。
誇りだよ。

今、毎日が感謝の日々。

長く働かないといけないから
無理しないで、がんばるからね。


父ちゃん天国から見ていてね。



カテゴリ:出発 | 22:30 | comments(0) | - | -
●次のステップ

こんばんは。

ブログを読んで下さっているみなさまお元気ですか?



父が天国へ旅立ってから、来週で四十九日です。
ほんとうになんというか時間が止まっているようで
あっという間なようで。

ほんとにいろいろなことがあったけど
今はもう、自分の次のステップのために走り出している
だから、あの大変だったことは、とりあえずどこか隅にいってる状態。

今は毎日父ちゃんへの感謝と自分への覚悟と決意の日々。

アルバイトも慌ただしく忙しい毎日を送っている。

父ちゃんは仕事をすることが生き甲斐だったし
私が一生懸命仕事をがんばるのをとても応援していた。

これからの人生、父ちゃんを思い出して
辛いときでも、絶対にがんばろうって思う。


カテゴリ: | 00:00 | comments(0) | - | -
●父は奥の深い人

父が息を引き取るのをみんなでみとることができた。

みんなで応援して、父を励ますことができた。

父は、家族に後悔させないように、気持ちに納得がいくように
頑張ったような気がする。

最後までみとることができて良かったね、
ってのちに家族で話しができるように
してあげたような気がする。

父はそんな人。
ほんとにがんばった。

生前の父といば、短気で声がおおきくて、言葉足らずで
しょっちゅうケンカしてたけど、でもいざとなると
子供のために必死になってくれた。

父はシンプルだけど、実は奥の深い人。
しかもそれを知らせようとするのではなく
あとから、あたっていることがわかるから
自分が浅かったと、恥ずかしくなる。

ほんとに偉大で奥の深い人だったんだよね。。
病気になってから余計にわかった。


亡くなったときはほんとうに悲しかった。
信じられなかった。
あの強くて体力があって働きものの父がいなくなるなんて

今でも、家に帰ったら、父ちゃんがいるようで。
遺影はあるのに、どこかにいるようで
ひょっこり仕事の帽子をかぶって帰ってきそうで


父ちゃん、ちえみは親孝行できなかったかもしれないけど
でも、これからの人生、父ちゃんから教わったことを全部出していくからね。

まーまーのこと心配しないでね、大丈夫だからね。
ゆっくり休んでください
そして
どうぞ天国から私たちを見守っていてください。
よろしくお願いします。


カテゴリ: | 22:30 | comments(0) | - | -
●父ちゃんありがとう

5月27日に救急で搬送
一時は回復し元気になった。

しかし良くなったり体調崩したりを繰り返し

6月11日22:23に息を引き取った。


父はほんとうにほんとうにがんばった。

命の全てをかけて生き抜いた。

父は自分の命をかけて家族に大切なことを教えてくれた。

ほんとに父は偉大。

一度は息が止まったけど

父ちゃん!父ちゃん!って叫ぶと

もう一度、のど仏が動いて
息を吹き返した。

最後は目をかすかにあけて息を引き取った。

父は本当に立派だった。
最後の最後まで闘った。

我慢強い父は、ありえない痛みだったはずなのに
歯を食いしばって耐えた。



父ちゃん、ありがとう。
父ちゃん、ほんとうにありがとうね。

自分は父ちゃんの背中を見て育った。
あまりものを語らない父だったけど
働くことが生き甲斐だった父だったから
それだけで十分に伝わった。

父ちゃん、父ちゃんのおもい十二分に子供たちに伝わっているからね。

何も心配しないで大丈夫だからね。
まーまーのことも何がなんでも守るからね。

大変なときが来ても、父ちゃんが必死にやってきたように
自分もやる!

父ちゃんが出来ることを証明してきてくれたから
自分も勇気がもてるよ父ちゃん!

父ちゃん何も心配しないで、ゆっくり休んでね。
今まで家族のために一生懸命働いてくれてありがとうございました。
ほんとうにお疲れ様でした。

大好きだよ父ちゃん!ありがとう!



カテゴリ: | 23:14 | comments(0) | - | -
●今自分ができることは

みな葛藤してる。

母も、揺れ動いている。

説明して理解してるかな、と思ったら
次の日には、わかっていなかったり‥
混乱するよね
自分らでもそうだもん。

無理も無いよ。

簡単に決められるもんじゃない。


みな父のために一生懸命になって考えている
でもすぐには答えがみつからない
どうしていいのか、何が一番いいのか

今自分ができることは
父の生命力を信じて、励ますこと
それくらいしかできない

父ちゃん、みんな側にいるからね
大丈夫だからね




カテゴリ: | 00:00 | comments(0) | - | -
| 1/220PAGES | >>